COMMUNITY お知らせ

[内容更新] JAMIA×KUAC JAM2024 ~JAMIA Annual Meeting~「映像アーカイブの現在と未来」 

更新日:

日本映像アーキビスト協会(JAMIA)では、慶應義塾大学アート・センターとの共催により、協会初の公開イベントを以下のとおり実施します。
本イベントは映像アーカイブの課題や今後の可能性をともに考え、協力しながら、ネットワークを広げることを目的としております。
JAMIA会員や映像・映像産業に携わる方はもちろん、学芸員、研究者、技術者、学生、そして映画や映像アーカイブに興味・関心のあるすべての方々のご参加をお待ちしております。

【イベント】 JAMIA×KUAC JAM2024 ~JAMIA Annual Meeting~「映像アーカイブの現在と未来」 

【日程】 2024年6月22日(土)10:45〜18:00(予定) *19時より懇親会予定(希望者のみ / 会費は別途現地徴収。5000円予定)。

【会場】 慶應義塾大学三田キャンパス 東館6F G-lab(150席予定) *オンライン参加も可能 

【参加費】 一般=3,000円、学生=1,000円(オンラインも同料金) 

*JAMIA会員=無料(事前に年会費を納めていただく必要があります。学生会員は年会費も無料)

*JAMIAへ新規入会をご希望の方は、JAMIA事務局(info@jamia.jp)へお問合せください。

*慶應大学の学生は無料で参加できます。 参加ご希望の方はJAMIA事務局(info@jamia.jp)宛にメールで「JAM2024参加希望」とお送りください。事務局より折り返し、応募フォームをお知らせします。

【申込方法】 一般参加の方はPeatixにてお申し込みください。

https://jamkuac2024.peatix.com/view

10:45     開会挨拶(慶應義塾大学アート・センター)

10:50     ベーシックガイダンス「映像を集め、残し、活かす仕事」 

映像の世紀のはじまりから、今日の視聴覚文化を未来へと受け渡す映像アーキビストの仕事を概観します。

登壇者:松山ひとみ(神戸映画資料館 研究員) 

11:50     ライトニングトーク 第1部(3分 × 6〜8組) 

12:20     昼休憩

13:40     セッション①「映画フィルムの今、これから」 

誕生から129年、今なお映画の表現に欠かせないフィルム。現場に従事する方々に、フィルムの現在と魅力を伺います。 

モデレーター:郷田真理子(川崎市市民ミュージアム 学芸員) 

登壇者:山本泰貴(コダック ジャパン)、高田淳((株)IMAGICAエンタテインメントメディアサービス カラリスト) 

 14:50     セッション②「イロイロ大変!? 映画の色。」 

古い映画のデジタル修復版は、その映画の当時の色を再現出来ているのか? ベテランタイマーと現役カラリストとともに語ります。 

モデレーター:山下泰司((株)WOWOWプラス 映画Blu-rayプロデューサー) 

登壇者:鈴木美康(元(株)IMAGICA タイマー/元 国立映画アーカイブ技術職員)、阿部悦明((株)IMAGICAエンタテインメントメディアサービス カラリスト) 

 16:10     セッション③「映像アーカイブにAIを利用することについての期待と課題、今後の展望」 

AIを利用した映像アーカイブのツールと利用例も紹介します。 

モデレーター:前川充(オムニアート/日本映像アーキビスト協会 理事) 

登壇者:渡辺智暁(国際大学GLOCOM主幹研究員/教授/研究部長、Creative Commons Japan理事長) 

17:20     ライトニングトーク 第2部(3分 × 6〜8組)

17:50     閉会挨拶(日本映像アーキビスト協会)

18:00     終了予定

*お飲み物の持ち込みは、蓋が閉まるなど密封できる状態の物のみ、持ち込みを可とします。

主催:一般社団法人日本映像アーキビスト協会、慶應義塾大学アート・センター
協力:株式会社IMAGICAエンタテインメントメディアサービス、コダック ジャパン(ほか調整中)
イベントに関する問合せ先:JAM2024実行委員会  jamiaeventjam@gmail.com

-COMMUNITY, お知らせ

Copyright© JAMIA , 2024 AllRights Reserved.